YouTube研究会

YouTube

私はYouTube中毒(たぶん軽度)だ。暇さえあれば、ユーチューブを見ている。寝る寸前まで布団に入りながら見ている。本当は通勤電車の中でも見たくてうずうずするのだが、家に帰ってからの楽しみにグッと我慢している。

以前の自分は家に着いたら冷暖房よりまず先にテレビをつけていたのだが、今はまずYouTubeを開く。新しい動画が上がっているかチェックする。私が登録しているチャンネルを数えて見たら31個(2020年4月25日現在)だった。私よりもっとYouTube漬けの人はどのくらい登録しているのだろう。登録していなくてもオススメで出てくるチャンネルも見ている。

私が登録しているチャンネルを独断と偏見で5つのジャンルに分けてみた。

①歯に衣着せない、下ネタOK、喋り達者系

ズバズバした物言い。世間の常識に囚われず、はっきりしていて自信がある。金持ち、整形何が悪い?登録した四つの中ではノーブルマンを一番最初に見ていたのだが、ノーブルマンヘラヘラ三銃士とコラボしてヘラヘラ三銃士を知り、ヘラヘラ三銃士ヒカルとコラボしてヒカルをしり、てんちむCHはオススメに出てきた。ヒカルは登録者数300万人超えだが、つい最近まで知らなかった。見てみたら、ベラベラとにかくよく喋るし、はっきり言ってくれるので、見ていて気持ちがいい。歌舞伎町のぼったくりバーの店員相手にも、祭りくじの屋台のおっさんにも、警察にも物怖じせずにおかしいことはおかしいと言ってくれる。ハマって過去の動画を見漁っている。見ているうちにヒカルがどんどん魅力的に見えてきて、自分もヒカルみたいになりたい!と憧れの気持ちになってきた。ヘラヘラ三銃士は、ありしゃん、まりな、さおりんの3人組だ。自分の失態を惜し気もなく、面白ければいいじゃん精神で晒してくれる。ノーブルマンは、発起人のリー君が行方不明で最近動画に出てこない。リー君は韓国人で、日本で暮らしていたらしく、日本語もベラベラで言わなければ韓国人だとわからない。喋りが達者で羨ましい。本当に頭がいいのだろう。

②カップル匂わせ、大食い、ドッキリ、検証系

ヴァンゆんチャンネルさんこいちパオパオチャンネルは、男女のチャンネルで、実は付き合ってるんじゃないのか?どっちかの片想いじゃないのか?両思いだけど、今の関係を壊したくないから言わないだけじゃないのか?等、見ている人の興味を駆り立てるように動画を作っているように見える。サムネやタイトルで釣っている。どうせ違うんだろうな〜と思いながらも釣られている自分がいる。「【ご報告】今まで黙っていてごめんなさい。」みたいな。実は付き合ってます匂わせ。100%ビジネスパートナーだろうけど、そういう匂わせがファンが一番付くのだと思う。ヴァンゆんチャンネルヒカルとコラボしていて知った。見てみたら、ちゃんと面白かったので、だからこんなに登録者いるんだと納得した。さんこいちは正直、面白くない時もあるのだが、りっくん、古川、やっぴの3人が兄弟のようで微笑ましい。男女でこんな関係になれるのはいいよな。パオパオチャンネルは休止中なのだが、ずっと好きで見ていた。編集の力なのだろうか。なんてことない企画でも、あーずーの独特な言い回しと、ぶんけいの笑顔で成り立っている。見ていると二人のことが好きになる。二人のダンスも好きだ。復活を待っている。パパラビーズPARASTICA は男女匂わせ系ではないが、グループで検証や大食いをよくやるので、このジャンルに入れた。パパラビーズはタナカガとじんじんの二人組。タナカガのツッコミが容赦無いけど愛がある。PARASTICAも二人組でよく大食い企画をするのだが、頑張らないところがいい。食べれませんでした〜で終わる。視聴者も完食よりも食べている時の二人のトークを見たいだけだから。そんなゆるいところが魅力なのだと私は思う。

③日常系(モーニング、ナイトルーティーン、料理、ファッション、メイク、ブイログ)

私が一番登録しているチャンネルで一番多いのがこのジャンルだ。モーニングルーティーンなんて、何が面白いんだろうと思うけれど、気づけば見てしまっている。他人の生活を見せてもらっている感覚だろうか。YouTubeがなければ、知らない人の朝起きてから出掛けるまでを見ることなんてないのだから。でも一回起きてカメラをセットしてまた寝たふりをして起きて、またカメラをセットして歯磨きをして、カメラをセットして朝ごはんを作って、カメラをセットして朝ごはんを食べて・・とやっているかと思うと完全にフィクションだし、撮るの大変だろうな。やはり色々見てきて、日常系ユーチューバーはやはり綺麗な人が人気になると思う。ただ食べているだけの場面でも見ていられるのが重要なのだ。in living.は、丁寧な暮らし系だ。スッピンでも問題ない顔面、無印食品、朝一に白湯を飲む・・。化粧品を紹介した動画を出した時にツイッターでちょっと話題になっていた。いつもはスッピンだけど、今日はお出かけなのでメイクをしますと紹介したのが、ヴァセリンとコンシーラーとリップだけだった。インリビさんは確かにそれで十分な顔面をおもちだ。日常系ユーチューバーでもオシャレ系とか自虐系とかズボラ系など様々だ。自虐系でもやっぱり標準より少し上くらいの容姿が必要だと色々な日常系ユーチューバーを見て思った。

④ユーチューバー本人がジャンル(本人のキャラが確立している)

瀬戸弘司は、楽器や機械の開封動画等、いろんな動画を上げているが、編集が凝っていて、開封動画も色んな角度から見せたりしていて、すごく分かりやすい。見ていると全く興味のなかったキーボードとか欲しくなってくるから不思議だ。機械音痴なくせにMacbookがどうしても欲しくなり、意を決して購入したのは、瀬戸弘司の動画を見たからだ。最近は投稿頻度が少ないが、いつも楽しみにしている。kemioは最高だ。落ち込んでいた時に見て、すごく励まされた。生きているのは楽しいと思わせてくれる。本当に面白い。動画に字幕がなくても全く問題ないのはすごい。エミリンチャンネルもつい半年くらい前から見始めた。人気があるだけあって面白い。字幕のツッコミも面白いし、どんな動画も喋りで面白くなっている。エミリン本人は陰キャだとよく言っているが、コラボとかでも誰とでもうまくやっているように見えるし、社交的だと思うのだが。

⑤素人、ご飯、晩酌系

素人っぽさ。昼間は会社員で、顔出ししていない人が多い。平日帰宅後の料理動画や、居酒屋で食べて飲むところを字幕とBGMをつけて投稿している。私が中でも好きなのは、ゆかりんチャンネルだ。ゆかりんは顔出ししていて、確か年は46歳くらいで、大酒飲みだ。いつも飲み食べの様子を投稿しているのだが、編集技術やセンスは置いておいて、面白いし、ゆかりんのキャラがいい。なんだか応援したくなる。これからも動画投稿を続けてほしい。飼っている猫が可愛い。

YouTubeはもう生活の一部だ。大衆化された時点でそのコンテンツは終わりを迎えるとどこかで聞いたことがある。YouTubeは10年後もあるだろうか。今後YouTubeに変わる何か他のコンテンツが出てくるのだろうか。何はともあれ、今の自分にYouTubeは欠かせない。

コメント

  1. きのこ より:

    わたしもYouTube中毒者だが、
    こうも登録してる人が違うのがおもしろい。
    わたしは電車でも職場でも家でも飽きずに見ている。
    ドラマと両立しなきゃいけないから、結構忙しい…。(勉強と両立みたいにいうなって思ったでしょ)
    わたし、(すしりく)って子最近ものすごくハマってみている。
    ものすごーーーーーーーく可愛いの!
    最近本を出版したから、Amazonで買って舐めるように見ています。(気持ち悪いだろう?)
    あとわたしと言えば、ASMR系YouTuber。これはおもちさんにも、結構すすめたけどお口に合わなかったみたいね。
    わたしは毎晩これで寝てると言っても過言ではない。
    あとはスカイピースとか、かすちゃん、じゅきや、まあたそ。
    若者のキャピキャピ青春してる感じが懐かしくて面白いんだよな。
    友達になりたいと思って見ています。
    ぜひ1度お試しあれ。。。

    • おもち おもち より:

      きのこさんと見ているチャンネルが全然違うのですね!
      ドラマも全部見てるって言ってたもんね。時間が足らないですね。
      両立お疲れ様です!!
      すしりくって、すしラーメンりくって人だよね?名前だけ知っています。
      可愛いのか!見てみます。本も買っちゃったのか!
      ASMR、私はハマらなかったなぁ。ツボが違うみたいです。
      スカイピースも知ってるけど見たことないです。かすちゃんとまあたそは見たことあります。
      若者のキャピキャピ青春(笑)。オバチャン丸出しじゃないですか(笑)
      みんな若いよね。めちゃ稼いでるんだろうね。

      • きのこ より:

        そうそう!
        すしらーめんりくちゃん。
        ぜひとも、おばあちゃんへのドッキリを見て欲しい。ほっこりするから!
        他の動画も面白いけどね。
        オバチャン丸出しでもいいじゃないか!だってオバチャンだもの。相田みつをみたいに言うけど。

タイトルとURLをコピーしました